審美歯科

  • TOP
  • 審美歯科
審美歯科とは?

人とコミュニケーションをとるときには、まず目を見て話をしますが、次に口元を見るようです。
それは一番表情が読み取れるところであるのと同時に、お顔の中で目と歯だけが白く綺麗なところであるからだとも言われています。
もともとお口の中は白く明るいところなのです。
審美歯科とは、お口の中を元の明るい状態に戻し、更に美しくする治療と言えるでしょう。
あなたも綺麗な白い歯を手に入れて自信を持って笑ってみませんか? それが審美歯科の真の目的です。

ファイバーポスト
ダイレクトボンディング
ハブイブリッドセラミックス
メタルセラミックス
オールセラミックス

ファイバーポスト

今までは歯の神経がなくなった場合、中心に金属の芯棒(ポスト)を入れていました。
金属は光を遮断するため、かぶせ物の根元が黒くなりお口の中が暗くなる傾向があります。
それよりも問題なのは歯と金属の硬さの違いから、咬合力によって根が割れてしまう、歯根破折を起こす可能性が高くなる事です。
そこで当院では自費診療に限り、光を透過し歯の硬さに近似したファイバーポストを使用しています。
ファイバーポストはグラスファイバー(ガラスの束)を利用しているため弾性があり、咬合力による力を分散し歯根破折を起こしません。
また金属アレルギーの方にも使用することのできる唯一の材料です。

ファイバーポスト
ファイバーポスト
ファイバーポスト
ファイバーポスト
ファイバーポスト

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは欧米で「1日で出来る審美歯科」として数年前よりトレンドとなっています。
ナノサイズのセラミックス粒子が入っているハイブリッドコンポジットレジン(CR)を使用して、お口の中に直接充填する新しい審美歯科。
『早い・低コスト・綺麗』三拍子そろった究極の治療です。

Case.1

正中離開のため他院で矯正治療をしましたが、数年後にもとに戻ってしまいました。
そこで当院にて間にだけCRを充填。

Case.1

Case.2

古いアマルガムを除去してCRを充填。
色素を入れているので隣の歯と全く見分けがつきません。

Case.2

Case.3

悪いところだけを削ってCRを充填。
健康なところは一切削らないので歯にとても優しい治療です。

Case.3

Case.4

神経が無くなっていても、周りの歯がしっかりしていればCRでここまで回復。
 

Case.4

ハブイブリッドセラミックス

通常のコンポジットレジン(CR)にセラミックス粒子を入れたハイブリッドCRを、真空状態で硬化させた超硬質CRです。
ハイブリッドセラミックスと呼ばれてる物の中で最も弾性があるため、天然歯に優しく、壊れにくい材質です。
コンポジットとセラミックスの中間的存在です。

Case.1

金属の詰め物に段差があります。
また光の透過性がないため歯全体が暗くなっていますが、こんなに明るく隣の歯と見分けがつきません。

Case.1

Case.2

光の透過性があるので歯が明るく境が全く分かりません。
 

Case.2

Case.3

かぶせ物や詰め物が劣化をし磨り減ってしまい隙間があいています。
術後は自然な状態に回復。

Case.3

Case.4

神経が無くなっていても、周りの歯がしっかりしていればCRでここまで回復。
 

Case.4

メタルセラミックス

最も歴史があり信頼のあるセラミックスのかぶせ物です。
生体親和性の高い金属にセラミックスを焼き付けたていますので、安心してご利用頂けます。
全体のバランスを考え一番美しく見えるものを装着しています。

Case.1

前歯の色が変わり互い違いになっています。
一度に治すことで印象がガラッと変わりました。

 

Case.1

Case.2

左右の歯の大きさが違っているため今まで大きなお口を開けられませんでした。
歯の大きさを整えたことで、ここまで綺麗になりました。

Case.2

Case.3

咬み合せが低く前歯が壊れてしまいました。
歯の根元も黒くなりお口全体が暗くなっています。
全体的に治療することで、咬み合せのバランスが整い、治療後10年近くたってもほとんど変わりません。
お口の中もこんなに明るくなりました。

Case.3

Case.3

Case.3

Case.3

Case.3

Case.3

オールセラミックス

通常セラミックスの歯は、メタルセラミックスといい金属のフレームにセラミックスを焼付けて作りますがオールセラミックスは全てがセラミックスで出来ています。
当院では症例に応じて「エンプレス2」、「インセラム・スピネル」、「インセラム・アルミナ」、「インセラム・ジルコニア」、「プロセラ」等を使い分けています。
究極のメタルフリー治療「オールセラミックス」を是非。

Case.1

歯の形態・位置・色のバランスが悪く審美歯科を希望し来院されました。
上顎4前歯を治療、右側2本を「ラミネートベニア」で、左側を「「オールセラミックスクラウン」を選択しました。
治療後、お口の中・歯肉が大変明るくなり、歯の形態・位置・色にバランスがとれ審美的に改善されました。
《オーラルデザイン大阪 作製》

Case.1

Case.1

Case.1

Case.1

Case.1

Case.1

Case.2

神経がなくなり変色している歯や古いかぶせ物が入っていて、長年気になっていたため審美歯科を希望され来院されました。
上顎左右側切歯)2本だけをオールセラミックスで治療。
他はウォーキングブリーチ(漂白)とダイレクトボンディングで治療。
最小限の治療でここまで審美的に改善されました。

Case.2

Case.3

Case.2

Case.2

Case.2

Case.2

Case.3

現在モデルとして働いているが笑顔に自信がなくホワイトニングを希望し来院されました。
ホワイトニング終了後側切歯のみをオールセラミックス、中切歯・犬歯はダイレクトボンディングにて治療。
《オーラルデザイン大阪 作製》

Case.3

Case.3

Case.3

Case.3

Case.3

Case.3